ワキ(脇)に黒ずみができる原因

ワキの黒ずみを気にする女性

(1)メラニン色素の沈着

メラニンが活性化される理由は至る所に潜んでいます。その代表的なのが衣類による刺激、化粧品による刺激です。バスタイムでスポンジでゴシゴシと脇を洗うのも良くありません。

対策方法

脇の皮膚は薄く非常にデリケートです。日頃の生活で刺激を与えて黒ずみになっている可能性が多いので脇への刺激を極力減らすことが大切です。それにはやっぱり保湿が重要になってきます。

保湿は肌を乾燥から守る以外にも保湿バリアを張って外部からの刺激を守ってくれます。脇の黒ずみ対策の一番は保湿を意識するようにしましょう。

(2)脇毛処理による刺激

女性なら脇毛の処理をするのは当たり前ですよね。しかし、自己処理は想像以上に肌への負担が大きいです。特にカミソリ、ピンセットによる自己脱毛は負担が大きくなりメラニンの活性化に繋がっています。

対策方法

女性なら脇毛の処理は欠かせません。しかし刺激は黒ずみを作る原因です。脇の負担を減らす意味でも脱毛は医療機関、エステで行うことが最良です。

レーザー脱毛なら痛くて費用もかかりますが半永久的な脱毛が可能です。エステだと再びムダ毛が生えてくるリスクは高いですがワキ脱毛など非常に低価格でお行うことができます。

(3)毛穴に角質、皮膚が詰まっている

脇も顔と同じでターンオーバーを繰り返して新しい皮膚が生まれています。適切なケアを怠っていれば皮脂が毛穴に詰まって酸化。角質が剥がれずに毛穴に詰まるなどのトラブルも起こります。

また制汗剤のつけすぎも毛穴を詰まらせる原因になります。日頃から脇に多くのスキンケアコスメを多用するのは良くありません。

対策方法

脇の黒ずみ対策の基本は保湿、美白、ターンオーバーを促すことです。多くの化粧品を使う必要はありません。1つを決めて使い続けるようにすることが脇に対する刺激を抑えることに繋がります。

ワキ(脇)の黒ずみを解消する方法

自己処理による脱毛をやめる

毛抜き、カミソリ剃毛は本当に刺激が強いです。下手をすれば出血など起こります。脱毛はプロに任せるのが一番です。エステ、クリニックは知識、技術も豊富でアフターケアも万全です。

もしムダ毛の自己処理をした後に脇の黒ずみができた場合は処理方法がまずいので自分で行うの中止しましょう。

スキンケア用品は一つに絞る

複数のスキンケア商品を使うのは肌によくありません。また複数使う分だけ肌に触れる回数が増えてきます。保湿、美白を重点的にできるコスメを一つだけ決めて使う方がよっぽど脇への刺激を軽減することができます。

制汗剤も刺激が弱いタイプを使うようにすると汗をかきやすい時期は刺激が少なく良いですよ♪

ワキの黒ずみ対策におすすめのスキンケアコスメ

アットベリージェル

ワキの黒ずみ対策におすすめの保湿クリームが「アットベリージェル」

保湿成分、美容成分が浸透しやすいように「ナノ化」しています。保湿成分にはセラミド、エラスチンといった品質の高い保湿成分を採用。ワキを乾燥と刺激から守る保湿ベールをたっぷりと張ってくれます。

他にも炎症、かぶれを抑えるグリチルリチン酸2K、メラニン生成を促すチロシナーゼ酵素の活性を抑える甘草フラボノイドを配合しています。

ページの先頭へ