Vライン(ビキニライン)に黒ずみができる原因

Vラインの黒ずみを気にする女性

(1)下着による摩擦刺激

Vラインにいつも触れ合っているのが下着です。特にVラインは下着のゴムがいつも当たっている部分。面積が少なく締め付けの強い下着ばかり履いていると負担は大きくなるばかりです。

また下着の素材も重要になります。
肌触りが悪いとチクチクしたり痒くなったりして悪循環になります。

対策方法

特別な日出ないかぎり、下着は肌触りがよく締め付けの低いタイプを選ぶとビキニラインへの刺激を減らすことができます。またパンツもビキニラインが緩い開放的なパンツを選ぶと尚良しです。

(2)脱毛による刺激

海、温泉などアンダーヘアを処理する機会が増えてくるとセルフ脱毛をする方も増えてきます。しかしカミソリ剃毛、毛抜きによる自己処理は最も肌に刺激を与える方法です。ビキニラインなど敏感な部分は自己流ケアは極力避けた方が賢明です。

対策方法

Vラインの脱毛処理をするなら自己処理ではなくエステ、クリニック等で行ってもらうようにしましょう。生えてくる期間も遅くなります。通っていると半永久的な脱毛効果を得られる可能性もあります。

また脱毛する側はプロなのでアフターケア、黒ずみ対処も教えてくれます。

(3)かぶれ、炎症

Vラインは常に下着、パンツを履いている部分。ムレやすいので当然、痒みかぶれが起こりやすいです。我慢できずに掻いてしまうと炎症を起こしてメラニン生成が活発となり黒ずみができたりします。

対策方法

通気性の良い下着、パンツを履くようにすること。汗、おりもの、ソープなど肌に合ったタイプを使用することも大切です。また痒みは乾燥しても起こります。乾燥肌体質の方はVラインもしっかり保湿してあげましょう。

Vラインの黒ずみを解消する方法

乾燥や刺激を与えない

乾燥は痒みを招きます。だから乾燥をさせないように保湿をたっぷりして下さい。化粧水、美容液、オイルなどより水分、油分のバランスが良いクリームタイプがオススメです。

あとできるだけセルフ脱毛は避けた方が賢明です。もしカミソリ剃毛で傷をつけてしまうと治るまで時間もかかります。傷口が残る可能性もあります。毛抜きも毛根に刺激を与えてメラニンを活性化させてしまうので避けるべきです。

根気の良い保湿ケアが大切

美容クリニックで治療を受ければ早期改善を見込むことができます。しかし通う手間、費用が非常に高いです。ホームケアなら時間は多少かかりますが安価に黒ずみを解消することができます。

ホームケアによる黒ずみ解消で最も大切なことは保湿です。

乾燥、痒みが起こらないように保湿を重点的に行うのが基本です。また保湿すると膜を張ってくれるので外からの刺激、摩擦を対抗することができます。

Vラインの黒ずみにおすすめのクリーム

クレアフォート

Vラインの黒ずみ解消、美白にはクリアフォートがオススメです。独自メソッドによって保湿、美白、毛穴ケアまで完璧にこなすクリームになっています。

敏感、乾燥肌の方に優しい天然由来の植物成分をふんだんに使っています。なのでビキニラインの使用にも適しています。

メラニンを活性化させるチロシナーゼの働きを抑制するビタミンC誘導体も配合しているイチ押しですよ!私も実際に試したのでレビューも参考にしてください♪

ページの先頭へ