お尻に黒ずみができる原因

お尻の黒ずみを気にする女性

(1)衣類による摩擦刺激による色素沈着

肌は刺激を感じると守ろうとしてメラニンを生成する仕組みになっています。特に締め付けのキツイ衣類は摩擦抵抗も強くなり緩い洋服よりも刺激を感じやすい特徴があります。

対策方法

できれば自宅にいる時などは下着、パンツなど締め付けが弱い衣類を着て過ごすことが予防に繋がります。

肌と触れ合う部分は優しい素材を使用しているなど下着、パンツ選びにこだわりるようにしたいです。

(2)長時間座ることによる刺激

同じ姿勢で座っているとどうしても圧力がお尻に加わってきてしまいます。また位置をずらしたりすれば摩擦が生まれて肌に刺激を与えたりしています。また圧力によって骨とお尻の皮膚がぶつかることによる黒ずみ化もあります。

対策方法

仕事では頻繁に動くことができないと思いますが、休み時間などはできるだけ座ることをやめてお尻に刺激を与えないようにしましょう。またイスにはお尻への圧力を分散するクッションを置いたりするだけでも変わってきます。

(3)かぶれ、炎症

洋服の中がムレやすい季節になるとお尻など痒くなって掻いてしまう人も多いのではないでしょうか。これは強い刺激になります。またお尻にできるニキビ、吹き出物によってかぶれ、炎症を起こすケースもあります。

対策方法

夏などムレやすい季節は通気性の良い下着、パンツを履くようにしましょう。また汗を抑えるためにサラサラパウダー、クリームなどを活用してかぶれ、炎症が起きないスキンケアをすることが大切です。

お尻の黒ずみを解消する方法

一般的な方法論を解説します。本当に酷い場合は皮膚科、美容クリニックなどでカウセリングを行い治療をしてもらうようにしてください。

ピーリング

お尻を触ってみてザラザラしている人は古い角質が除去されていません。放っておくとニキビ、ニキビ跡ができます。

ザラつきのあるお尻にはピーリング石鹸を使って古い角質を除去してあげると効果的です。その後に必ず保湿をしてあげてください。

お尻の黒ずみ用クリーム

乾燥をさせない。黒ずみを美白することが大切になります。お尻黒ずみ専用のクリームを活用してメラニンを抑制したり、肌のターンオーバーを促すようにします。

保湿効果も高ければ保湿バリアを張ってくれて外部刺激にも強くなります。普通のクリームよりもお尻専用とされているタイプがオススメです。

お尻の黒ずみ、ニキビ専用ジェルクリーム「ピーチローズ」

ピーチローズ

お尻の厚い角質でも浸透するように成分をナノ化しています。保湿成分にはプラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲンを使っており潤いを長時間キープしてくれます。

ターンオーバー、角質を柔軟にするビタミンEやエラスチンといった美容成分も配合しています。

肌に優しい処方もされており合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンなど不使用です。お尻の黒ずみ、ニキビ、ニキビ跡が気になる方は一度チェックしてください。

ページの先頭へ