黒ずみの原因と種類について

黒ずみの多くは毛穴にできます。でもひと口に黒ずみっていっても個人によって指しているものが違ったりするから効果的なケアをするためには、しっかりと見極めることが大事!

まず、黒ずみができる原因は2種類あると言われています。自分がどのタイプの黒ずみなのが判断してピッタリのケアをすることがとっても大切なのです。

皮脂の酸化

これは肌に沈着する皮脂が酸化すると黒ずみの原因になります。角栓と呼ばれるものが毛穴に長い間詰まっていることが原因で起こります。また大きく開いた毛穴に多く見られる現象でもあります。

メラニンによるもの

メラニンといえば、シミの元になるものと世間では言われていますので、多くの方が聞いたことがある名前だと思います。紫外線などの影響をうけて、肌の基底層と部分で作られる茶色形の色素のことです。

これはある部分で基底層から角質層まで連なってくると肌表面にシミができてきます。

メラニンの活性は肌への刺激で起こります。普段着の締め付けが強い。脱毛で肌に刺激を与えた…心当たりがある方はできるだけ肌を優しく労るようにしましょう。あと保湿は必ず行ってください。

黒ずみができるにはちゃんと原因がある!

どちらの種類にせよ、黒ずみができるにはちゃんとした理由があるのです。例えば、日中の中で強い紫外線を浴びていたり、スキンケアを怠り、毛穴に汚れが詰まっていたりなどが主な要因でもあるんですね。

また、毛穴に詰まった皮脂がメラニンを作る元凶になっている可能性だってあります。

古くなった皮脂っていうのは、過酸化脂質と呼ばれる物質に変化します。これは活性酸素と同じように肌に対して、とても悪い影響を与える物質です。過酸化脂質の働きを抑えようと毛穴の中の基底層ではメラニンが生成されるようになります。

こういった背景があるため、毛穴部分が黒くなり、肌表面で黒ずみになるのです。

ページの先頭へ