皮脂の酸化による顔の黒ずみケア方法!

毛穴の黒ずみは皮脂の酸化やメラニンの過剰生成によるものが大きいです。また黒ずみの原因によって対策も異なってきますので注意が必要です。

毛穴に詰まった角栓が空気に触れて酸化し、それが黒く見えている場合のケアについては、皮脂対策が欠かせません。さらに肌に負担をかけないようにして、角栓を取り除く必要があります。

このタイプの毛穴は出口が閉じていません。開いているので角栓が詰まってしまっている状態です。もし顔に皮脂タイプの黒ずみがある場合はちょっとした洗顔の工夫をすることで毛穴から汚れがスムーズに出る可能性が高いです。

では、顔の黒ずみのケア方法を紹介します。

毛穴を開かせて優しく洗い上げる洗顔が重要

いきなり顔を洗わずに、バスタブにつかり、顔に蒸しタオルを乗せておきましょう。これにより蒸気や温熱効果で角栓が柔らかくなり、毛穴まわりの肌も柔軟になります。

さらに皮脂分泌も促されて、これだけで毛穴に詰まった角栓が押し出されたりします。

次に洗顔料をしっかりと泡立てして、全体にたっぷりとのせます。皮脂分泌の多いTゾーンを中心に洗うのが基本です。ただし、肌が動いてしまうほどの力の入れ具合はNGです。優しく行いましょう。

洗顔のコツは物理的な力で毛穴から汚れを押し出すのではなく、泡の洗浄力を利用するのが正しい方法であり、肌を痛めない洗顔方法なのです。

そして、すすぎはしっかりと行います。最初は人肌程度のぬるま湯が使い、泡がなくなったら冷たい水でさらにすすぎます。これにより、肌がピンと緊張して、毛穴が引き締まります。

最後にタオルで水気をとります。このときもこするのではなく、軽く押さえるような感じでタオルで水分をとりましょう。

ページの先頭へ