膝の黒ずみは皮膚科でも治せるの?

膝の黒ずみは皮膚科でも治すことが可能です。ですが、進行状況によります。心配な場合は皮膚科に行きカウンセリングからスタートしましょう。

ひどい場合はケミカルピーリングを行ない古い角質の除去を行なう場合もあるようです。

ただ、黒ずみは自宅で治せる症状なので多くの人は自宅ケアで済ませる場合が多いです。保湿、美白ケアを行っても改善されない場合、できるだけ早く皮膚科、美容クリニックなどで受診してもらう方が後に残りません。

自宅で黒ずみケアをする方法

膝に黒ずみができると角質も硬く、ザラザラする場合があります。

本格的にケアするならピーリングを行い古い角質を除去します。その上で保湿が大切になってくるので、保湿クリームなどで膝を乾燥させないようにケアを行ないます。

基本的な黒ずみケアとこれで十分です。

市販で膝専用ピーリングジェルといったコスメも販売されています。もちろん顔に使うピーリングジェルでも使用OKです!

膝専用のピーリングジェル「コヒザドール」

コヒザドール

ガザガザ、角質がポロポロしている膝専用ピーリングジェル。軽くマッサージすると面白いように角質が取れて何日か続けているとツルツルの綺麗な膝になります。脚を露出する季節になったら一回は使っておきたい便利グッズです♪

コヒザドールはスクラブを含み、AHA、BHA、パパイン酵素を配合しています。古い角質を柔らかく剥がしやすくコスメです。最後はすすぎ、拭き取る仕様なのでバスタイム前に使うのがオススメ!

市販品で1,000円前後。
通販最大手のAmazonだと600〜700円の時もあり安くお得です!

膝への刺激は要注意

膝黒ずみの場合はなるべく、膝をぶつけない、地面つけないといった心構えが必要。私生活も意識して膝を優しく扱ってあげてください。

膝の黒ずみの場合は膝を床につける体勢が多い人によく現れます。またこすったりするのもよくありません。

膝への刺激でメラニン生成、色素沈着を起こすことが主な原因となっています。

ページの先頭へ