デリケートゾーン黒ずみの90%以上はメラニン色素が原因

デリケートゾーンの黒ずみを気にする女性

デリケートゾーンはVライン、Iライン、Oラインを総称して呼びます。さてこの部位にはいつも何かしらの刺激を受けています。そう下着、衣類です。ほとんど時間が履いているもので密着しています。

中でも下着、衣類の締め付けが強い部分に関して黒ずみができやすく色素沈着を起こして中々、解消されないといった悩みもでてきます。

加えてデリケートゾーンは蒸れたり、生理なども起こります。皮膚が休む暇がありません。

何のケアもしないと月日を追うごとに色素沈着は進んでしまいます。そこで強から手軽にデリケートゾーンの黒ずみ解消ができる術をいくつかご紹介していきます。

下着のサイズ、形、素材を見直してみる

通常のショーツで少し面積の小さいものだと締め付けも強くゴムが当たるVラインに黒ずみができやすくなります。そこで特に下着を見せる日でなければボクサータイプのショーツを履くのがオススメです。これだとVラインに強い締め付けが加わらないので刺激を抑えることができます。

次に素材です。
通気性がよく速乾性に優れているのは綿、絹素材の下着や衣類です。繊維が柔らかく肌への刺激を最小限に抑えることができます。部屋着などはコットン、シルク製にしてあげると肌もリラックスできて休息の時間を与えることができます。

サイズに関しても小さくきついタイプでなく、ゆとりのあるサイズ感にしてあげるのがベストです。本当にデリケートゾーンの黒ずみを気にするのであればボクサータイプの下着がベストになります。VIOともに強く締め付けられる部分がありません。

デリケートゾーンを美白する日々のケア方法

デリケートな部位でメラニン活性が頻繁です。顔に使うような美白化粧水など好ましくありません。専用クリームがあるので根気よく塗っていくと徐々に黒ずみも解消されてきます。

デリケートゾーンの黒ずみ解消に即効性を求めてはいけません。即効性がある薬や化粧品は必ず強い成分が入っています。しかし皮膚、粘膜の近いデリケートゾーンに刺激の強い成分を与えるのは非常に危険です。

ですから肌に優しくしっかりと専用クリームを使うことが求められます。

デリケートゾーンの黒ずみ解消クリーム「イビサクリーム」

イビサクリーム

デリケートゾーンの黒ずみケアに最も人気を誇っているのがイビサクリームです。海外セレブのアンダーケアアイテム、各種女性誌で掲載された人気アイテムです。

添加物を含まないクリームなので赤ちゃんにも使うことができます。有効成分にはトラネキサム酸、グリチルリチン酸2Kを採用…その他、保湿成分や抗炎症作用のある植物エキスなど配合されています。

ページの先頭へ