ビキニラインの黒ずみを治す方法

ビキニラインに黒ずみができる原因は以下のことがあります。原因を知って対策を施して水着を着ても恥ずかしくないように早急にケアしていきましょう。

  • 衣類による摩擦
  • かぶれ、炎症
  • 脱毛の刺激
  • ホルモンバランス

衣類の摩擦による黒ずみ

肌は刺激を受けると皮膚を守るためにメラニン色素が活性化します。これがターンオーバーを早めて角質層を厚くすると言われています。

ビキニラインになる骨盤〜股にかけては下着、パンツなどを毎日履いて締め付けが強い部分です。また動く度に衣類と擦れる部分です。そのためサイズの合わない洋服を着ていると強く肌が刺激を感じて黒ずみができやすくなります。

自宅にいる時などはタイトなパンツではなく締め付けが緩く肌へ刺激の少ない部屋着を選んであげるようにしましょう。

かぶれ、炎症

ビキニラインはムレやすい部分です。
汗、おりもの、生理用ナプキンなど炎症やかぶれが起こりやすいですよね。特に蒸し暑い季節は痒くなります。掻いちゃダメとわかっていても掻いてしまいます。

やがて、かぶれになって酷くなると炎症をおこします。ですからビキニラインは常にサラサラで通気性の良い状態を保っておくことが大切。どうしても痒みが収まらない場合はデリケート部位専用の薬を使って痒みを抑えましょう。

脱毛の刺激

エステ、セルフケアに限らず脱毛は刺激が必ずある行為です。アフターケアをしっかりと行わないと毛穴から雑菌が入り毛嚢炎ができることもあります。

また刺激により痒みがでて掻いてしまい、上で挙げたようにかぶれ、炎症へと続くケースもあります。

脱毛をしたら正しいスキンケアと保湿ケアを行い肌を癒やしてあげましょう。アフターケアの良し悪しで脱毛後のビキニラインの黒ずみが決まるといっても過言ではありません。

ホルモンバランスの崩れ

ホルモンバランスが崩れる時期、タイミングになると女性は顔や体に色素沈着が起こりやすいと言われています。

女性の場合、ホルモンバランスによって体調の良し悪しも左右されやすいです。生理前、出産前後など無理をせず、保湿ケアをして安静に過ごすようにしましょう。

肌がデリケートな時期でもあります。
締め付けのキツい下着、パンツなどは控えてゆったりしたファッションで過ごすようにしてください。

Vラインに黒ずみができた時の対策方法

低刺激な黒ずみ専用ジェルクリームを活用しながら「ジャムウ石鹸、ソープ」を使うと良いです。

ジャムウ石鹸は非常に低刺激でデリケートゾーンケアに昔から使われているコスメです。肌を清潔に保つだけでなく雑菌、臭いにアプローチもしてくれます。

使い方も簡単で泡立ててから手でデリケートゾーンを優しく洗うだけです。ラブコスメとしても女性に人気があります。一つ持っておくと何かと重宝するグッズなので気になった方はチェックしてください。

ページの先頭へ